未読日記

未読も既読も生活も、そこはかとなく積もる

仕事の「キリ」

「キリのいいところまでやって帰るよ」、「定時過ぎたけど、キリのいいところまで終わらせてから帰ってくれない?」

 

「キリ」ってどこのことだろうか。

 

仕事のキリって、定時以外の何物でもないだろう。

山口敬之『総理』

著者は(元)TBSの政治記者で、何度も社長賞を受賞した山口敬之。彼は安倍晋三やその周囲の政治家の取材を続け、極限まで肉薄し、そしてこの本で安倍晋三の実像を描き出す。

私は安倍晋三首相やその政治を評価しないが、それでも、抜群に面白かった。何が凄いかって、著者と安倍をはじめとする政治家との「近さ」だ。政治記者がしばしば政治家と個人的な関係を構築することがあるとは聞いたことがあったが、ここまでの例があるものなのかと。山口は時に安倍の私邸に行き、酒を飲み交わし、安倍の会見原稿読みを聞かされる。時には安倍と麻生太郎メッセンジャー役を果たし、政治的決断における重要な役割を果たす。そんな経験をする彼だからこそかける安倍やその周囲の政治家の実像は、時に狡猾で時に人間らしい。本書を読み終わって、政治家・安倍晋三になんとなく親近感を覚えたのは本当だ。

確かに面白い。間違いなく、抜群に面白いのだが、それでもやはり山口は安倍らに「近すぎる」と感じた。山口は本書の中で、

「取材対象に近すぎる」と批判する声があることもよく知っている。しかし、本編で繰り返し言及したように、政治のど真ん中に突っ込まなければ、権力の中枢で何が起きているのか見えないのも事実である。(Kindle版、No. 2626)

という。その通りであり、本書はど真ん中に突っ込んだ彼だからこそ書けたドキュメンタリーである。しかしながら、本書は安倍成し遂げたことや、その決断に到るまでの過程を詳らかにする一方、安倍が「なぜそれを成し遂げようとするのか」、「その信念がどれだけの妥当性を持つのか」ということへの批判的な視座は持ち合わせていない。

抜群のおもしろさと批判的視座の欠如が同居する、しかし何れにせよ読むべき本だ。

個間子と邦子

日曜日の朝日新聞書評欄で紹介されていた書店員 波山個間子(1)<書店員 波山個間子> (it COMICS)が面白そうで、Kindleストアで即座に購入(こういう時に電子書籍は便利だなあと思う。思い立ったら、インターネット接続さえできればすぐに購入できるのだから*1

この漫画は書店員の波山個間子が店長に「ブックアドバイザー」に抜擢され、人とコミュニケーションを取るのが苦手な個間子が悪戦苦闘しながらも書店を訪れる人たちに本を勧めたり、本を通して交流したりする話である(と思う。一巻の途中までしか読んでないからわからない)。その中で、こんな場面があった。息子が小学生だった時に教科書を読んであげていたのだが、そこに載っていた小説をもう一度読みたい、というお客さんがやってくる。わずかなヒントから個間子はそれが向田邦子の『眠る盃』に収録されている「字のない葉書」であると突き止め、そのあらすじ*2を紹介しながら個間子は泣いてしまう・・・

今度は『眠る盃』を近所の本屋さんで即買いしてしまった。我ながら単純だなあと思いつつ、よくよく考えると初・向田邦子。敬遠していたわけじゃないけど、今まで縁がなかったので、これを機に読むのが楽しみ、

新装版 眠る盃 (講談社文庫)

新装版 眠る盃 (講談社文庫)

*1:と言いつつ、それが怖かったりもする。書店に行く時間も、Amazonからたった1日荷物が届く時間さえも我慢できなくなっていくような気がして

*2:お客さんは小説と勘違いしていたけど、実際はエッセイなのであらすじというか、内容?

植本一子『家族最後の日』

書評などで話題になっているのをみて気になっていた『家族最後の日』を読んだ。
写真家・植本一子氏のエッセイで、母との(一方的な)絶縁、義弟の自殺、夫であるECDさんの癌闘病、毎日訪れる子ども二人との生活。その中で感じる生きづらさや希望などを、彼女は日記に書き綴る。

家族最後の日

家族最後の日


書評での絶賛と、Amazonレビューでの賛否両論を事前に知っていたわけだけど、それがわかる気がする。植本さんの人間らしさというか、感性の鋭さとダメさが同居する文書を読んでいると、わかるなあというところがいくつもあると同時に、ついていけないなこの人、と思うところもたくさんある。言っていることが矛盾するし、お前がいうな的なところがある、自分勝手(に見える)に人の行動にいちいちイライライしている。

綺麗なストーリーを読みたいと思ったら本書はハズレだろう。だが、彼女のエッセイ、日記を読むと、生きていると、そんな簡単には物事運ばないよね、という至極当然のことを認識する。そして自分も感じているその生きづらさみたいなものが文章にされているものを読むと、安心する。

【積読】nda! nda!

EDIT TOKYOで見つけたリトルプレス。

思わず手にとって買ってしまった。

f:id:sonue:20170130225159j:image

【エア積読】森山優『日米開戦と情報戦』

戦争関係の書籍でさらにエア積読
http://honz.jp/articles/-/43693:HONZで紹介されていた、以下の本が面白そう。

日米開戦と情報戦 (講談社現代新書)

日米開戦と情報戦 (講談社現代新書)

日米開戦の経緯というのは噂レベルの話や陰謀論が入り乱れているが、その辺の話もありそうなので楽しみ。

センター試験の不正問題について

「電卓使えると思った」 センター試験不正 6人同じ高校 (北海道新聞) - Yahoo!ニュース

試験前に持込可能なものについてアナウンスがあるはずで、記事読む限り不正としか言いようがないな。ただ、簿記試験では電卓持込OKのケースが多く、こうした勘違いの要因があることは、センターも受け止めてほしい。

2017/01/19 13:00

ブコメのままですが。

ニュースを読む限りでは、センター試験数学の時間に、簿記を選択した生徒が電卓を使ってしまって、不正として退出させられた、ということ。

事前に通知される試験の注意事項にも、試験直前のアナウンスでも、何度も試験中に机に出せるものについてのアナウンスはされているはずで、この限りにおいて受験生側の「不正行為」であることは明らか。電卓を使えるようにすべきであるかどうかはともかくとして、センター試験においては注意事項に従わなかった場合、不正行為とされてしまう。

ただし、簿記検定で電卓のしようが広く認められている(らしい)という現状を踏まえるに、こうした勘違いが発生する背景が存在することも確か。なので大学入試センターには、この事案を「受験生の確認不足」で済ませず、受け止めた上で何らかの対策を講じて欲しいところ(その中には電卓使用可にするということもあれば、問題用紙の表紙にでっかく「電卓使用禁止!」と書くとかでもいいと思う)。